Event is FINISHED

地域リハビリ職から見えた WheeLog! の魅力

Description
一般社団法人WheeLog はネットワーキングイベントを新たに企画しました。

第一回は

「地域リハビリ職から見えたWheeLog!の魅力 〜つながりから見えてくる車いすでもあきらめない世界〜」


です。





WheeLog!に関わっていただいた皆さまとの交流の中で、おひとりおひとりが素敵な想いや経験をお持ちであることを知り、その想いや経験を共有できるイベントを開催できないかと思案したところ今回の『つながり∞イベント』が誕生いたしました。

イベントの表題に含まれる『∞』には、

  1. 心理的な『つながり』

  2. DNAの二重螺旋構造 

  3. 『可能性』の無限な拡がり


という3つの意味を込めました。

本イベント初回は、運営スタッフ内のリハビリに関わるメンバーをスピーカーとして、皆様の新たな『つながり』や『可能性』の架け橋となれるように対話を繰り広げていきます。

リハビリテーション(rehabilitation)は、ラテン語の『re(再び)+habilis(適した状態、あるべき状態)』≒『障害があっても再びその人らしく活き活きと生活できるようにすること』が語源と言われています。その人らしさを失わず尊厳を持った人生を送れるようにリハビリ職のPT・OT・STが専門性を発揮しながら伴走させていただきます。

「あるべき状態にする」とはどのような状態なのでしょうか?


そのヒントを一緒に考え感じる時間になれたら幸いです。





イベント概要


■開催日時:
 2020年6月13日(Sat.) 20:00開始
 第1部:トーク:20:00-21:00
 第2部:懇親会:21:00-22:00 (※退室自由)

■開催方法:
  オンライン(Web会議システムZoom使用)

■登壇者:
<スペシャルゲスト>
 ●織田 友理子(一般社団法人WheeLog代表)
<スピーカー>
 ●安西 祐太(理学療法士:PT)
 ●初鹿 真樹(作業療法士:OT)
<モデレーター>
 ●阿部 学 (言語聴覚士:ST) 

■参加費:
 ・一般:1,000円 → 今回は無料
 ・WheeLogプラス会員:無料

■参加対象者:
 ・WheeLog活動に興味がある方
 ・PT/OT/ST職種に興味がある方
 ・つながり∞に興味がある方

■定員:50名(先着順) ※懇親会定員:30名(先着順)

■ 主催者:
一般社団法人 WheeLog

■ 問い合わせ先:
info@wheelog.com (阿部 学)





登壇者プロフィール

●織田 友理子(おだ ゆりこ)

 一般社団法人WheeLog代表(CEO)

❏経歴:
1980年生まれ
2002年 22歳時に進行性の筋疾患「遠位型ミオパチー」と診断を受ける
2010年 半年間にわたりデンマークに留学
2014年 バリアフリー旅行情報を発信する動画サイト「車椅子ウォーカー」を開設
2017年 みんなでつくるバリアフリーマップアプリ「WheeLog!」をリリース
2018年 国土交通省「観光地バリアフリー情報提供のためのガイドラインの作成に関する検討委員会」委員を務め、
現在東京都「第12期福祉のまちづくり推進協議会」委員及び総務省「 総務省地域情報化アドバイザー」を務める

❏受賞例:
2015年 Googleインパクトチャレンジ グランプリ受賞
2018年 World Summit Award(WSA) Global Champion受賞
2019年 マサチューセッツ工科大学 SOLVE MIT選出
2019年 ドバイ万博 Expo Live Global innovator 選出

❏想い:
「車いすでもあきらめない世界をつくるために活動しています。是非、皆様のご協力をよろしくお願い致します。」





●安西 祐太(あんざい ゆうた)

 理学療法士/PT
 WheeLog運営(地域活性化チーム)

❏経歴: 
神奈川県大和市の回復期病院で4年間従事
神奈川県相模原市の訪問看護ステーションに4年間在籍
現在、独立し神奈川県相模原市でリハビリデイサービスオリオンの経営に携わる

❏社外での取り組み・役割:
約3年前に『誰もが楽しめるまち』をテーマとする街づくり団体を設立。主に街の商店の方と今ある設備で『誰もが楽しめるまち』にできることを対話して考える活動を行使。行政の街づくり事業などにも積極的に参加し、ユニバーサルデザインの普及に力を注ぐ

❏想い:
「WheeLog!を通して、自然に『誰もが楽しめるまち』が浸透していけばいいと思っています。」





●初鹿 真樹(はつしか まさき)

作業療法士/OT
アコモケアサービス株式会社 リハビリ部門主任
WheeLog運営(地域活性化チームリーダー)

❏経歴:
東京農業大学卒業後出版社に勤務する。
入院・手術を契機 に作業療法士への道を選択し専門学校へ入学
専門学校社会医学技術学院卒業後、回復期リハビリテーション病院、介護老人保健施設勤務を経る。
現在は訪問リハビリテーション業務に携わる。
林檎班歴(椎名林檎ファンクラブ)15年目。
二児の父。

❏社外での取り組み・役割:
一般社団法人神奈川県西地区リハビリテーション協議会副会長・作業療法士としての知識と経験を地元地域に還元したいと考え
『リハビリフェスタ』の企画運営や『小田原バリアフリーマップ』の作成に携わる。
バリアフリーネットワークおだわらかいちょうー(会長)市内の当事者団体や支援団体、教育機関、企業、個人など『点と点を結ぶ』市民団体。

❏想い:
「WheeLog!が開催している街歩きイベントは「作業療法」に通ずるものがあります。「街を車椅子で歩く」という作業を通じて参加者に笑顔が広がる、そんなイベントです。是非多くのリハビリで街歩きイベントを開催してもらいたいと思っています。」





●阿部 学(あべ まなぶ)

言語聴覚士/ST
WheeLog運営(イベントチーム サブリーダー)

❏経歴:
神奈川県内のリハビリ病院で勤務。回復期リハビリテーション病棟での勤務を経て現在は在宅での訪問リハを中心に従事。
●認定言語聴覚士(失語・高次脳機能障害領域/摂食・嚥下障害領域)
●回復期リハビリテーション病棟協会認定セラピストマネジャー
●エンドオブライフ・ケア援助士
●訪問リハ管理者養成研修STEP3修了

❏社外での取り組み・役割:
●神奈川県回復期リハビリテーション病棟協会連絡協議会渉外担当
●神奈川県失語症者向け意思疎通支援事業:養成部門リーダー
●横浜南部地域ST連絡会:世話人
●徒手的言語聴覚療法研究会:理事
●訪問リハビリテーション振興財団:研修班
●日本言語聴覚士協会:介護保険部員

❏想い:
「一人一人が持つ多種多様な自分のカラーが幾重にも重なり合い、 役割があり、やり甲斐を感じながら穏やかに暮らせる地域・社会の 実現が目指せたらいいですね。車椅子ユーザー目線だからこそ 気づける点とリハビリ職の専門知識や経験を掛け合わせて街づくりや 教育、文化面に活かす活動を展開出来たらと思いWheeLogの運営に 参画しています。つながるべき人や想いがしっかりとつながって 相乗効果が出る出会いをサポートさせていただきます。」
Sat Jun 13, 2020
8:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
一般 FULL
プラス会員(寄付会員) FULL
Organizer
WheeLog!イベント
153 Followers

[PR] Recommended information